医師を補助する

女性

病院では医師が円滑に手術などの作業を行うために、看護師などが補助業務にあたります。オペ中に医師の手と足となり、ミスがない医療を実現させています。また医療の現場では、医療事務作業補助者という人がいます。医療事務作業補助者は、医師が円滑に診療を行えるようにカルテの整理をしたり、様々事務作業を行う人です。また、医療事務作業補助者は簡単な事務作業とともに医療の知識を求められる職業です。そんな医療事務作業補助者になりたいと考えている人は多くいることでしょう。しかも最近では医師や看護師不足があり、医療の現場では人員を募集しています。厚生労働省も緊急課題として平成20年度診療報酬改訂の基本方針によって、勤務医の事務作業を補助する職員の配置を示しました。このような施策を導入している病院は数多くあり、医療事務作業補助者を求めているのです。

医療事務作業補助者として病院で働くためには、医療の学校が行なっている講座を受けましょう。受講期間は3ヶ月ほどで受講料も100万円となっている学校もあります。100万円といったら高額な金額になります。しかし、月々のローンにすることもできますので無理なく通うことも可能です。また学校によっては学生や主婦なら5%割引してくれるところもあります。その他にもテキスト代や入学金といった諸々の諸経費がかかってきます。諸経費は学校によって違うので、学校のホームページを確認するか、直接電話をしてみると良いでしょう。